魚 サプリ

魚のDHA EPAにはコレステロールを下げるはたらきがあると言われています。コレステロールLDLとHDLがありどちらも身体には必要なものです。魚のDHA EPAとコレステロールの関係を正しく知ることが健康維持につながます。

魚 サプリ > 魚のDHA EPAでコレステロールが下がる?

魚のDHA EPAにはコレステロールを下げるはたらきがあると言われています。コレステロールLDLとHDLがありどちらも身体には必要なものです。魚のDHA EPAとコレステロールの関係を正しく知ることが健康維持につながます。

魚のDHA EPA とコレステロール

イワシやサンマ、アジなど背の青い魚には DHA と EPA と呼ばれる物質が豊富に含まれています。

魚のDHA と EPA は体の中のコレステロールや中性脂肪を下げる働きがあると言われています。

また血液の流れを良くすることでも有名です。

EPA は熱を加えると体の中での吸収率が下がるのでなるべく生のまま 青魚を食べるのが理想的です。

また空気に触れると酸化して成分が劣化するのでなるべく新鮮なものが良いのです。酸化を防ぐビタミン類と一緒にとると劣化を遅らせることができると言われています。

DHA の方は脳の神経にはたらきまますので、物忘れの防止に役立つと言われています。

このように青魚に多く含まれる DHA と EPA は昔から日本では多く食べられてきたように血液をサラサラに保ち脳の働きを良くするので是非積極的に青魚を食べたいものですね。
 

DHAとEPAのちがい

DHA と EPA はよく似たイメージのある栄養素ですがどのような違いがあるのでしょうか。

DHAも EPA もどちらも初めはリノレン酸というものが変化して出来ています。

驚くことに DHA と EPA はそれぞれがそれぞれに変化することもあるのです。

元々似たような働きをする DHA と EPA なのでどちらも同じように人間の体の不調を整える働きがあります。

例えば高血圧や動脈硬化などには DHA EPA ともに同じように効果があります。

ただ DHA EPA それぞれの特有の働きもあり、 EPA の働きで最も特徴的なのは血栓に有効だということです。

つまり血中のつまりを予防する働きがあるのでコレステロールや中性脂肪を下げるのに有効です。

また DHA に特徴的な働きはのうやなどの神経系の働きに有効だということで有名です。

このように DHA と EPA は共通している働きもあれば、それぞれ独自の有効性も見られるということになります。
 



 

現代病の予防に役立つDHA

DHAで健康効果を実感できる

よくあるQ&A